スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供

不登校の子をお持ちのお母さんに伝えたい-------------------------------------------②私が読んでよかった本

娘が不登校になって
私はいろんな子育て本を読み漁りました。
人によって書いていることが180度違うこともあり
迷ってしまい収集がつかなくなるほど…
書いている人はその方法でうまくいったのですから
躊躇なく書いていますが、さてうちの子にあてはまるのかしらと
思うと解らなくなるのです。

でも不登校の子の母にとって、
具体的で、基本中の基本を示している本はこの3冊でした。私にとってですが。

①山崎房一の本「強い子伸びる子の育て方」など各種

②「小学生の不登校はこうしてなおす」

③親業協会の本(各種あります)

①山崎房一さんの本はたくさんでていますが、
母親をかばってくださっている内容で
決して母親が自分を責めることのないように書かれてあります。
あとがきを読みながら救われたような思いになりました。
そして各地の「母親学校」がこの本の巻末に記載されています。
私も地区の会場に電話をして
講師の方の連絡先を教えていただいて電話をしたりしましたが、
とても親身に応答してくださいました。
山崎先生亡き後もそのような活動をしておられ、
孤立無援の母親にはとても力になることと思います。

②この本には娘とそっくりの荒れ方をしている子供たちが
沢山紹介されていて、びっくりでした。
「母親の法律」といって不登校の子に対しての対処法が事細かに書いてあります。
しかも今まで1000人近い小学生の不登校を克服している
実績をつづっています。
HPもあります。
不登校を克服した母の会のHP

ここで言われているのは
「不登校にしたのは母の育て方が間違っていたから」
という考え方で、かなりきびしいものです。
これは他人には一番言って欲しくない言葉であるけれども、
自分自身としては、
一番目をつむってはいけないと思っている事でもあるのです。

多分、お母さん方は一様にそんなお気持ちだと思います。

その頃に販売していた本は今は絶版になっていて
新刊としてこの本が出ています。
もしかしたら随分ソフトタッチに書き換えられているかもです。
著者も女の方に代わっていますから。

山崎房一さんの本とは対極にあるといってもいいかもしれませんが
根っこは同じであると思うのです。
より実践的だともいえるでしょう。

結局私はここの「サポート協会」という母親講座に通うことになるのですが、
そのことは後日また記します。

③ ②で紹介したところが実践しているセオリーは
トマス ゴードンの「親業」の日本版焼き直しです。
ここの本は本家本元といえるでしょうが、アメリカ人の考えですから
日本に合わない事もあるかも。
でもここの近藤先生が日本において展開している親業訓練は、
安倍元総理が教育改革制度の中で推進しようとした
正統派の間違いのない子育て法なのです。
結局、安倍さんの計画は世論の反発で頓挫しました。
「家庭教育にまでなぜ政府が介入するのか」という世論でしたが、
私は沢山の子供たち、親たちが漂流している現代において
すがるべきボートがあるのとないのとでは大違いだと思います。
すがるかどうかは当人次第だけれども…
政府がそのような動きをせねば追いつかないほど
家庭教育が大変な事態になっているんだということを
私は通っていた先述の「サポート協会」で垣間見た思いです。

親であるということに教科書は要らないと思っていたのに…
人間としてこのような本に頼らねばならないことは情けないことだと
感じました。

でも
難しい子は実際にいるし、
親自身の環境がしんどいときは、
家庭教育をあやまつこともあるということを素直にみとめて
このような本に糸口をみつけるということもありです。


スポンサーサイト

音楽

童謡歌唱コンクール

小4の息子が学校から帰ってきたなり、
「コンクールで歌ううた、決まった~!」
玄関から大声で報告。
あらま、やる気満々。

童謡歌唱コンクール

何を隠そう主人と私はもともとコーラス仲間だったのが縁。
だからか知らないけど、
娘も息子も恥じらいなく大声で歌をうたえるという性格に育ちました。

去年こんなコンクールがあることを知り、娘の不登校克服の記念にと
家族で何曲か歌ってテープ審査に送ったのが、
思いがけず一次審査を通り、
近畿大会で歌う羽目になってしまったのです。

舞台で歌うことには慣れていたはずの私と主人が
大汗かきました。
コンクールだけあって皆さんお上手なんだもの。
軽い気持ちで参加した私たちはぼろぼろ…
主人なんて歌詞も間違えるし…

もう二度と来ることはあるまい
と心に誓って会場を後にしたのに…




今年も応募します。^^;



で、息子が自分で選んだ歌は
「とんび」

ソロで歌うんだそうな。

さっそく歌いだした。
「♪ぴんよろ~ぴんよろ~」

会場で歌う気満々。

「今年はどうだかわからないよ~」といいながら
家族で歌う曲をあれこれ選定している私。

これはもう病気です。

子供

不登校の子をお持ちのお母さんへ伝えたい--------------------------------------①先に親が変わるということ

今日は長くなります。
はちゃめちゃに大変だった子育てと介護の両立のはてに
娘と息子、主人と私がたどった道を少し書き始めたいと思っています。


私の娘は小学3年と4年のほとんどを不登校で過ごしました。

私はほとほと悩みぬいていました。
地獄の苦しみとはこのことかしらと
思うほどの苦しみ。

娘の荒れ方は尋常ではありませんでした。
若干小学3年生が、ここまで荒れるとは
想像もしなかったのです。
いくところまでいっていました。
実家の両親は私と娘の自殺まで心配したほどです。

私はわが子をなんとかしようと必死でした。
校長先生にお願いしてスクールカウンセラーに通いました。
今から思えば母親の私が変わらねばならないことに気づかせようと
カウンセラーの先生は根気よく私の話を聞くところから始めてくださいました。
私は娘のことで相談しているのに
すぐにきつかった義父の介護の話になってしまうのです。
そうなると、とめどなく話が出てきて止まらなくなるのです。

そんな繰り返しが半年以上も続いていたでしょうか。
なんで先生は娘本人に会ってくれないのだろうと、
よっぽど察しの悪い母親でした。

子供は尋常ではありませんでしたから
発達障害の母の会にも顔を出すことになりました。
初めて行った場で皆さんに自己紹介と子供の様子をお伝えするときに
やはり介護の話になってしまい、とめどなくなって止まらなくなってしまいました。
そのことに自分で愕然としました。

「お母さん!!!子供のことでここに来ているのではないのですか?
子供をちゃんと見れていませんね!!あなたが変わらないとだめですよ!」

かなり厳しく言っていただいてやっと気づいたような私だったのです。

そのときに私は自分が介護ノイローゼであることに気づいたのです。
もうじぃちゃんは亡くなってしまっていましたのに、
いつまでも介護の時のしんどさを引きずっていたのです。

やっと子供をどうにかするのではなく、私が変わらねばならない
と気づかせてもらった瞬間でした。

不登校の子をお持ちのお母さんは
ご自分自身がしんどい思いを抱えておられることが
多いのではないでしょうか?

でもそのことと子育てとは別なんですね。
そこのところの覚悟を強くせねばならないのです。
母親としての自分を強くしていかねばならないのです。
嫁としてでもなく介護者としてでもなく働く女性としてでもなく…
母としての自分をしっかりと強くしなくては。

そこから私の不登校克服の道が開けていきました。
はっきりと指摘してくださった母の会の指導者の方に
心から感謝をしています。

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

子供

また6月が来ようとしています

このブログを休止してから
一年近く経とうとしています。

日曜日に出先から帰ってくると
蛙がしきりに啼いていて
近くの田んぼに水が入ったことがわかりました。

この季節は私が二人の子供を産んだ季節です。
産院から帰ってきた夜、授乳していると
夜のしじまを破って、蛙が啼き始めたのを
昨日のことのように思い出します。

「ああ、田んぼに水が入ったんね」

田んぼに満天の星空が映っている様を想像しながら
赤ちゃんにおっぱいをやっていると、
この世のものと思えないほどの
幸福感が私を取り囲みました。

またこの季節が巡ってきました。
あのときの赤ちゃんは、それぞれ12歳、10歳になりました。

12歳の娘は先日、元気に修学旅行に行って来ました。
数年前、精神を病んでいるかのように荒れ果てた姿だったのが
嘘のようです。

10歳の息子は荒れた姉ちゃんの酷い仕打ちを一身に受けても
忍耐とユーモアでうまく乗り切って、
逞しく成長しました。

そろそろまた書き始めます。

全てのお母さんたちが
幸福な世の中になりますように
祈りをこめて。

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。