スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族

あら涼しい!

本当に涼しくなっちゃった。
こんな日が続けばいいんだけど…

今日息子がやっと散髪にいきます。
今から…行ってきま~す。
スポンサーサイト

家族

ちょっと涼しく…なるかもよ

先週、「オーラの泉」という番組をみました。

亡くなられた先輩の番号が、
亡くなられているはずの時間に、携帯着信に記録されていた。
という話のときに
「霊っていうのは電気関係にいたずらするのよね」
と美輪さんが言っておられました。

それを聞いて思い出したのです。
今年の春、じぃちゃんの三周忌の法要のとき、
仏間の隣の部屋のテレビがついたり消えたりしたんです。

そこはじぃちゃんが過ごした部屋で、
今はおばあちゃんが寝起きしています。

住職さんがお経をあげている時だったのですが、
おばあちゃんが、しんどいからベッドに寝たまま
隣でお経をきいていたんです。
私たち親族は仏間に集っていたのですが、
隣からテレビの音が聞こえてきたので、
「もう。おばあちゃん何やってんのかな。こんなときにテレビなんかつけて…」
なんて思ってました。

後で聞くと
「勝手についたりしたんやけど、もうこのテレビも古くなっておかしくなったもんだね
近々買い替えかね」
なんておばあちゃんは言うし、しばらく様子見て、酷いようなら買い換えようね
と私も答えたことでした。

そういえば、それっきりそういうことは起こりません…
ぞぞぞ~~~

おばあちゃんには怖がるから言っていません。

おばあちゃんはパーキンソンのお薬の副作用で幻覚が見えるときがあります。
よく自分の隣におじいちゃんが寝ているそうです。
周囲も本人も幻覚だからといって、受け流していますが…
ぞぞぞ~~~

おばあちゃんが気味悪がるから言わないでおこう…

未分類

カテゴリー欄を設けました

「親業」の関係で来て下さる方が
いらしたら嬉しいのだけれど…

期待を込めて
カテゴリー欄を設けました。
いままでズボラなことばっかりしていましたが
ちょっと整理しなおして
カテゴリー「子供」のところから
不登校関係や子育ての記事をピックアップできるようになりましたので
ご報告まで。

暑いですね~
皆様、御身ご自愛ください。

子供

不登校の子をお持ちのお母さんに伝えたい----------------------------------------③プラス思考の子育て

昨日、小学校で教育講演会なるものがありました。
講師はえじそんくらぶ奈良支部「ポップコーン」代表の
楠本伸枝さん。
2年前、不登校だった娘を抱えていた私を
「子供が見れていない」と叱ってくださった方です。
この方の一言で私は目が覚めて
親として変わるという一歩を踏み出すことができました。

ポップコーンのHP

「おなじお母ちゃんとしてお話しますので大層なことはいいません」

という前置きで始まったお話は、
ご自身の発達障害のお子さんの子育てを通して
身をもって知られた「余裕のある子育て」の極意みたいなものが
さりげなく語られていました。

「秋葉原くんも郡山くんも田原本くんも、
みな親の余裕のない楽しくない子育てから出てきた
とみています」

…事件を起こした人たちのことです。
自分というものの存在が肯定できない、
弱くて苦しくて事件を起こしてしまった人たち…

「あんな事件が報道される世の中で本当に親たちは子育てが
怖くなったりしてしまう、大変な世の中になっていますよね。
でも怖がることはないのです。」

そういってマイナスを責める子育てでなくて
プラス思考の子育てという話を具体的にして下さいました。

発達障害のお子さんは確かにとても育て方に工夫と覚悟がいるようです。
でもそうではない子にも通用する子育ての知恵というものが
そこに蓄積されていっているのです。
ペアレントトレーニングという手法もそのひとつで
全てのお子さんに通用する考え方です。

「プラス思考の子育て」というのは
いわゆる「ほめて育てる」
というのとも違うのです。
問題行動があっても
「まあええやん」と
放っておくのとも違うのです。

(そこのところの微妙な違いが
常に難しく感じてしまう私でした。)

「子供はこうでなくちゃ」という考えから
まず親から変わっていって楽になろう…

「洗濯物を干すときに
靴下をゴムのほうを上にするか、つま先のほうを上にするか。
それをいつものやり方と変えてみてください。
気持ちが悪いでしょう。
でもあえてそれをやってみる。
とらわれを無くしてみる。
子供が明日から定期試験というときに
プールにいくと言い出したら
あちゃ~なんだけど、
おお、いってらっしゃい~と送り出す。
帰ってきてから頑張りや~
と笑顔でいうのです。
そのとき
帰ってきてから勉強しいや~
では駄目なのです
頑張りや~というところが
ミソ!」

このような具体例をもってしか
子育てというものの勘所は伝わらないものだなあと
思います。
そして常にその応用問題が
つきつけられていくのが
子育て。

皆さん、がんばりましょうね!

…で今日さっそく、洗濯した靴下をつま先を上に干してみた私。^^
修行中なんだもん。なんでもやってみます!!

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。