スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりチューリップが好き

赤、黄ちゅーりっぷ
チューリップが次々と咲いています
赤ちゅーりっぷ
真上から撮るとこんな感じでかわいいでしょ
黄色ちゅーりっぷ
黄色いのは二年目の球根から咲きました
だからおチビさんなの
白ちゅーりっぷ
「あか、しろ、きいろ♪」って歌いたくなります
この白もおチビさんで、ちょっと形も良くないのだけどかわいい
つぼみ
これはまだ蕾ですが、はなびらがやたらと多いです
どんな花が咲くのでしょうね~

私はチューリップが好きです。
娘を妊娠中、私がチューリップの花にみとれているとき
初めて胎動があったんです
だから生命力の発露のような、この花に思い入れがあります。


チューリップを歌に詠もうとおもって和名を調べたことがあります。
すると思いがけない名前でした。

「鬱金香」(うっこんこう)

なんでこんな明るい花に「鬱」なんて字が使われているのだろう。。。。
そして「鬱」という字を改めて調べると、一番初めにこのようなことが…

「ものごとの盛んなこと」
「こもり、みなぎること」

そうなんです。
「鬱そうと茂る」とかいうときの「鬱」なんですよ。

どうです?チューリップを見る目が変わったでしょ。奥が深いでしょ。



チューリップを「鬱金香」と呼ぶときの「鬱」とは籠もり漲るさまなり

春の気をこぼさぬように鬱金香はカップをすぼめ気味に咲きおり


おそまつでした。。。
数年前、復学した娘になぞらえて作った短歌です。



今年も咲いてくれました。

最後はおまけ、これまたかわいくて大好きなビオラです。。。
ビオラ




スポンサーサイト

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。