スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるっと回ってにゃんこの目

ビューティーコロシアム  テレビの驕り

昨日、ビューティーコロシアムという番組がかかっていて
娘と二人で見ました。

一般に「ブス」といわれるような顔立ちの女の人が
スタジオでいじめなどの苦労話を語り、それについて芸能人がコメントを言う。
そして整形やメイクやヘアーメイク、ファッションのプロが
最高の変身を遂げさせるという番組。

そういえば昔から
「変身さ~ん!」とかいって、番組の収録時間内にファッションやメイクのプロに
変身させてもらうというのがあったな~~~。

今は亡き横山ノックさん司会の関西の番組です。
私はOL時代その収録にいったことがあるんですよ。
スタジオ見学に入るとくじのようなものを引かされて
当たったら「変身さん」につかってもらえるのです。
「ひゃ~、当たったらどうしょ~」
なんて言いながら同僚たちとこぞってくじを引きましたが、幸か不幸か誰も当たりませんでした。^^;

そのときはせいぜい、プロのメイクをしてもらい、かつらをかぶり、
関西風の派手派手ファッションにゴージャスな宝石を付けて貰う…という変身だったので、
「お~~~っと、ちゃうやろ~!」
と突っ込みが入りそうになるおばちゃんがでてきたりして。。。。^^;;
まあそれもご愛嬌ということで…楽しめました。

でも…、

昨日みたのは、全く違いました。
大掛かりな整形手術をして、その人の顔かたちを全く変えてしまう。
出てきた整形後の女性がタレントたちから賞賛されるのですが、
私から見たら正直、
「お~~~っと、ちゃうやろ~!」
という人もいました。

自分から希望してきている依頼者に整形を施して何も悪いことはないのですが、
なんでタレントたちがコメントをつけるのか?
そしてどこまで本人の希望が通っているのか?
薄ら寒い感覚が背中をなでていきます。


「失礼な番組やね。よってたかって人の人生をいじって…」

「この子。このままでも充分かわいいやん!」

「この子とよく似た子が中学の頃いたよ。
でもその子は皆から好かれてたし、陸上部で充分輝いてたよ~」

「なんでこんないじめを受けてる子の周りの子が助けたれへんのかいな、腹立つな~~」

「こんなことでいじめる奴のほうが最低やね~」

「こんな子、どこにでもいるやん。わざと暗くして顔立ちを酷く映してるね。なんだかテレビのやることってきたないね~」


タレントは決して言わないけれど、以上、私のコメントです。

さて現代っ子の娘はどう感じたのでしょうか。
興味深い番組でしたが、毎回見ようとは思いません。
スポンサーサイト

あれから2年か~~~(ひとりごとです)

私が川柳を始めたのは5年前。
まだおじいちゃんの介護をしていて、
切れ切れの時間でできる表現を短歌などに求めていた頃です。

インターネットでの川柳添削が縁で
「川柳北の星」会員になりました。

川柳北の星のHP

大阪の川柳が辛口で皮肉が多いのに比べて、秋田が拠点のこの北の星川柳社の皆様は
とても温かでそれでいて飄々とした持ち味があると思っています。
読んでいて嫌味がなく爽やかです。

「新婚で迎えた酉がひとまわり」

こんな初々しい句を詠んでいた頃が懐かしいのですが、
2年前に自選句集のお誘いを受けて思い切って申し込み、
見開き2ページをいただき10句を載せていただきました。

そのころは不登校だった娘が晴れて復学し、いきいきと生活し始めたころでしたので、
私はここ数年の「子育て自分育て」の苦闘、「親が変われば子は変わる」の実感を込めて
「母と子」をテーマに10句選んで記念集とすることができました。

「子を抱いて自分の体あったまる」

の一句から題を「子を抱いて」としましたが、
実際、子育てしつつ温められているのは自分の方ではないかと思ったからです。


出来上がって届いた句集を読んでいると、他の会員の方々のそれぞれの思い、
生きている実感がこもった句が胸を打ちます。

それもそのはず、題を「生きる」としている方が何人もおられました。

川柳は生きている人間の言葉なんですね。。。。。
改めて実感。



…で先日、また自選句集第五集のお誘いの便りをいただきました。。。
北の星では2年に一回、自選句集を合同で出しているのです。

「あれから2年か~~~~」

おお、ここ2年の自分の川柳はどんなだったんだろう。。。。
ちょっとドキリとしました。

「どうしようかな~」

一区切りという時期ではないのだけれど、無理にでも自分を振り返ってみようか。
なにか発見できるかしら。
それとも、もう2年、待ってみようか。。。

神様~という思いです。

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。