スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物

精米機、買おうかな~

この辺は田舎なので玄米が手に入りやすく
義姉のお友達から「ひのひかり」を買っています。

そしてやはり田舎なので、精米機が町の中に設置してあり、
車によっこらしょっとおコメを乗せて
ざざざ~っとおコメを機械に入れてブンブン。。。。
ぬかハウスのぬかもちょっと頂いて帰るのですが、
セーターなんて着ていこうものなら
ぬかまみれになってしまうのです。

そう、いくのは、もちろん私。
ご主人様は一度も行ったことがありません。
こないだなんて割烹着型のエプロンをつけていった私。
ぬかまみれは嫌だからね。。。。

私小学生持ちのママなんです。
まだ若いつもりだったんだけど、気がついたら割烹着きたまま運転していて
ふと悲しくなっちゃったわけです。

…で昨日気づきました。
こないだ精米したのにもう、米びつがからっぽ!!

そう中学生の娘は全身胃袋になりつつあり、精米に走る頻度も上がりそうです。。。。

う~~~~~む。。。。
家庭用精米機、買おうかな~!!
味もいいらしい。
どなたか助言いただけませんでしょうか~?



スポンサーサイト

介護

おばあちゃん、入院

入院といっても状態が悪くなったわけではありません。
リハビリを集中してやってくださる「リハビリテーション病院」というところに
お試しで入院をしてみたんです。

…というのも…
パーキンソンとはいえ、あまりに寝てばかりの生活に筋肉が衰えてきたのか
あちこち痛がるようになってきて、介護する側としてもしんどくなってきていました。

お薬を飲むと無性に眠くなるらしく、家にいるとつい
「寝とくわ~」
「そう?、なるべくなら座っていて欲しいけどね~」
となってしまいます。
私としても寝ていてくれたほうが家仕事がはかどるし、たすかるということになってしまっていました。

おばあちゃんの筋肉がやせてきているのは私のせいでもあるのか…
ここでまた、それがストレスになってしまう…
…で体を動かすときに「痛い痛い」になると
またストレス…

せめてオムツではなくポータブルトイレの立ち座り、
ご飯のときは可能な限り介助つきで歩いてもらって食卓へ連れて行くなどの
生活面ではリハビリになるようにと心がけてはいたんですよ。。。。
そして週4回の訪問リハビリも続けていたんです。

私としては自分の生活を考えるとこれ以上はできないと思って、
「寝たきり街道まっしぐら」になりそうな予感から
リハビリのための入院をきりだしたわけです。

義姉は言いました。
「私の友達は兵庫から親のいる大阪まで通って寝たきりにさせないようにしている」

だから同居の私にできないはずはないと言いたいのでしょうけれど、
その方の親が何の病気か知らないし、親の性格がどんなだか知らないし、
自分の親だろうしね…こっちが知ったことではないですよね。
…聞き流しました。

ほんと、すべてに責任を負うというのはしんどすぎるのです。
それでなくても愚痴になることは山ほどあるのですからね。

そして私は「介護世代」の義姉の年齢とは違うのです。
子育ても終わって親をみる世代だと割り切って考えられる世代ではないのです。


でも今回の入院で進歩したのは、
だんまりを決め込んでいた義姉の家に上がっていって
「かくかくしかじか」
言える自分になったということです。

「母ちゃんは嫌がっていた」とかやんわり言ってきたのですが
聞き流しました。
そんなことわかっていることです。
でもおばあちゃんは今回は気丈に
「明日からでも入院するよ。紅茶さんも骨休めしなさいね」
と言ってくれたんですよ。
ありがたいと思いました。
素直に
「おばあちゃん、ありがとうございます」
と言えました。

私には年のいった友人が何人かいるのですが、おばあちゃんと同い年の方がこう言ってくれました。
「年をとっても母親なんだから、子供にかわいそうと思われるより感謝される方が嬉しいに決まってる。
毅然とした母親でいたいと思うものなのよ。いくつになっても。」

そうですよね。
年寄りを見くびってはいけないと思いました。

ほんと、ありがとうございます。
お義母さん。

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。