スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族

二人の母が天に帰りました

先月末、主人の母を見送りました。
最期のときを看取ったのが私でした。

もうすぐ入院して2年が経とうとしていて、可哀想な姿でしたので、
手を握ってもう頑張らなくてもいいよと言って上げるのが、本心からの言葉でした。
「怖がらなくてもいいよ。大丈夫。大丈夫。みんないっしょだからね。
神様が光の方に連れて行ってくれるからね。心配しないで」
というと、目に涙が浮かんできてそれをぬぐってあげると、まもなくして息をしなくなってしまいました。

最期まで乱れずにしっかりしていた義母は私の誇りです。


そしてなんと4日後、私の母までも天に突然帰っていきました。
義母の通夜に来てくれていたのに。。。。。
父が散歩にでるとき話していたのに、帰ってくると倒れていて救急車を呼ぶと
もう心臓マッサージをしないといけなかったようです。

母は軽度の認知症の診断をうけてから、仲の悪かった父に口答えをすることも徐々になくなり
後ろをついて行くような姿になっていましたので、娘としては複雑な思いでした。

「一番いいときに天に行ったのよ」
と口々に母の友人の方が言って下さいました。
本当にそうだと思います。
これ以上認知が進んだら老いの二人はどうやって生きていくことになったのか、、、、、
そして長年主人の両親を介護してきた私に世話をかけたくはないと
思ってくれていた母らしい最期だったと思います。
私は結局1秒すら母の世話ができませんでした。

もう8月も半ばになりつつありますが、二人の母を送ったことに実感が持てないままです。

どうぞ、お義母さん、お母ちゃん、天から私を見守ってね。
これからもお願いします。


スポンサーサイト

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。