スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族

折り返し地点かも

今は亡き舅が、倒れたのが20年前。

それからほんといろいろあり過ぎました。

未熟な私は翻弄されるばかりで、自分らしさとか日々の生きてる実感とかおろそかにしていたのかも知れません。
あるときから人間関係のトラップに引っかかり
不健全な方に傾きすぎて、倒れてしまいました。
立ち上がろうとしたら、また次の波…

しかし人のせいにはしまい。




6月14日の産経新聞の「朝の詩」より

「取扱説明書」
         笹川 勇(45)

過去ー
悔やむものではなく
学ぶもの

現在ー
嘆くものではなく
生きるもの

未来ー
恐れるものではなく
築くもの

使用方法にご注意を




はい。切り抜いて冷蔵庫に貼っています。


今「エニアグラム」というものを勉強しています。
それからハワイの「ホ、オポノポノ」というものも知りました。

エニアグラム

ホ オポノポノ

謎解きと癒しが今の私のキーワードです。

長年の介護、親戚との確執、そして娘の不登校。
その間に舅と姑とがゆっくりと病んで逝き、母は急逝。
そして今年はじめ、父までもが事故で天に逝ってしまいました。

神様が私に何を教えようとされているのか、私は何をどうすればいいのか、
わからないこと、不可解なことばかりで、感情も思考もパンクしそうになっていましたが、
父が天に逝った頃からだんだんと落ち着いてきて、よき出会いもあり
思い切って東京の勉強会にも行き、ふっきれつつあります。

父が天から応援してくれています。

「おまえな~いつまでもそんなことゆうてたらあかんぞ~」
「とうちゃんかてな、祈らんとやっていかれへんねんぞ。いわへんだけでなぁ」

生前の言葉がよみがえります。
弱かった父は祈りの人でした。
病いをかかえ矛盾の人でもありましたが、それ以上に私には祈りながら必死に生きた人でした。


エニアグラムはこの世の中で生きづらい時のとっかかりになります。
自分というものを知り、よき方向にもっていく、その方向を教えてくれます。
周りの人を理解し、人間関係に余計な労力を使わないで生きてゆくための知恵を与えてくれます。

あのときなんでああなったんやろ、、、という過去の出来事の謎解きをしてくれます。

そうするとドロドロと足元に絡みついてくるものから、すぽんと足を抜いて、
すたすたと歩くことができるようになります。

ドロドロの心が邪魔して、いつのまにか祈るに祈れなくなっていた私でした。

「あなたの場所はここよ~おかえり~!」
という本来の場所に魂が帰りつつあります。

生きてるといろいろあるのね。
いろいろな人がいるのね。
自分はこんなに弱かったのね。

人生という予備校には難問がぎっしりだけど、
祈りと希望を回復しさえすれば大丈夫だと思えています。


スポンサーサイト

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。