スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護

久しぶりに「おばあちゃんのおはなし」

パーキンソンのおばあちゃんは
ある薬が効いているときは、精神がゆったりとしてくつろいでいます。
この病気は体ばかりでなく心までこわばりがちになるので
この薬が功を奏するということになるのです。

以前紹介した、おばあちゃんの昔話は
ほんとうにゆったりとした、ほのぼのしたものでした。
薬のお陰だったのですが、幻想や作り話ではありません。
私はそんなおばあちゃんの話を聴くのが好きでした。

ここのところ、あまりそういった話はありません。。。。
薬の効き目がなくなってきたという風にみています。^^;

最近、毎日同じ話を繰り返しています。
それは…



「ほら皺がぜんぜん無くなってきたよ~」

自分の腕をつきだしてまじまじとみています。

ここのところ食欲があり、夜食におにぎり2個を毎晩食べているので
超やせていたおばあちゃんが少しづつ太ってきたのです。

「ほ~ら、みてごらん。前は皺だらけだったのに、ないでしょ~」

「ほ~どれどれ」
見るとう~ん…やっぱり皺だらけなんだけど…^^;;

「血管も浮き出ていやらしい腕だったのにね。こんなに綺麗!」

「そうやね~」
う~ん…今も血管も浮き出てるんだけど…^^;;;



そう、おばあちゃんは昔話ではなく現実の自分に対して、
とてもポジティブになっているのです!

これも食欲が出て体力がついてきたお陰かも!

夜な夜な差し入れてくれる義姉のおにぎり、おそるべし!

今日もおばあちゃんは自分の腕に大満足。

「本当に綺麗になったね~」

感謝、感謝。^^


スポンサーサイト
コメント

「脳内に何か幸せを感じる物質?が満ち満ちているような‥^^;」

うふふ、、、
前からケメコさんちのおばあちゃんのご様子をうかがっていると、本当に満ち満ちていらっしゃるって感じでした。
いいですね~。

おばあちゃん、いろいろもあるんですけどね。
細かいこと言って主人に叱られたりね。。。
主人が叱り役をやってくれるから、嫁はいい役ができてます。

そしてお義姉さん、もともとまめな方なので
おにぎりはせっせと作ってくれます。

腰や股関節、膝などあちこちに故障があるのでね、寝起きの介助やトイレの介助、歩行の補助などは、もう無理なんです。

こちらもまあいろいろはあるんですが、いちいち私も気にしなくなりました。^^

嫁も進化するのですね。がはは。

紅茶さんの義母様のポジティブさ、うちのおばあちゃんにも似たようなものがあります。
なんにも薬は飲んでいないのですが、脳内に何か幸せを感じる物質?が満ち満ちているような‥^^;
でも、カリカリ怒ったり、痛いとか辛いとか言われるよりずーっといいです。
私も、「そうだね。よかったね。」の相づちです。

紅茶さんち、おねえさまがおにぎりの差し入れをしてくださるのですね。
おねえさま、体調が少し良くなられたのかな。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。