スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本

とうもろこしから、おばあちゃんのはなし

大正終わりに生まれたおばあちゃん、
今月83歳になりました。

ヘルパーさんから、ご主人の作ったとうもろこしをいただきました。
蒸し焼きにして食べるとおいしくて…

おばあちゃんのお話しが始まったのです。。。。


私らのところでは「きび」といってたね。
これをからからに干して保存したよ。

お雛様のころにはそれをお米といっしょに乾煎りして
ポンポンとはじけさせてね、そこに黒いお豆もいれて
飴で固めたものをいただいた。
お母さんが作ってくれたんだけど、それがおいしくてね~
飴といっても柔らかくふんわりとまとめてあるの。
おいしかったよ~

それからお雛様のときは、タニシを食べたね。
お雛様はタニシが好きなんだって。
自分の耳ととりかえてでもタニシが食べたいんだっていうよ。
今は食べなくなったけど、おいしいもんよ。


タニシは私もこどものころ食べました。
甘辛く母が炊いてくれたのを思い出します。。。。。
ヘルパーさんにいただいたとうもろこしは甘くて香ばしくて本当に美味しかった~

ふんわりと飴でまとめてあるポン菓子、お母さんの手作りとは本当に手間ひまかけた
おやつですね。。。。食べてみたいな~
スポンサーサイト
コメント

ケメコさん、
山口の萩に行っておりました。
帰ってくると封書が届いていて童謡歌唱コンクールの不合格の通知でした。v-406
 
おばあちゃんは新しくできたリハビリのフロアで毎日リハビリを受けて、初めて歩行のための平行バーを持って自力歩行をしたそうです。

それをきいた今日の訪問看護さんが
「デイでも利用してリハビリを受けられたらいいのにね」
と言ってらしたのですが…

じつはおばあちゃんの訪問看護のカルテには
「廃用症候群」と書かれているのでそれを見るたびに責任を感じてしまうのです。

家に静かにいるのが好きな人だけどね~
できればデイに行ってくれたら嬉しいと思っています。

たにし…農薬とともに姿を消したんですね。。。。
私もかろうじて味を知っている世代です。

タニシ、あの味を記憶の中から呼び戻しています。
私が子供だった頃は、昔収穫の終わった田んぼの土の中からほじり出して、バケツの中のきれいな
水で泥を吐かせた後、お味噌汁に入れて食べましたよ。
田んぼに農薬を使うようになってからは見られなくなりました。

お義母様、こんなに楽しい思い出話もされ、安定しているようで良かったです。
明日からショートなんですね。
もしかして、審査に通って、コンクール出場?
(だったらいいなぁ~~♪)

お義母様が気持ち良くショートでお過ごしになれますように。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。