スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供

涙の壺

涙が出るということは、
涙が枯れていないということ。

泣き言でもなんでも涙で神様に訴えて、
訴え続ける。

昔、聖書の時代、
涙を溜める壺というのがあって
それがいっぱいになったら神様に願いがきかれるという
言い伝えがあったそう。

涙というものは枯れてはいけないと思う。
うれしいときも、かなしいときも
神様に向かって涙を流そう。

涙が枯れはてるような時も
泣ける場所に避難してでも
泣かないといけないと思う。

そして人の前ではうるうると潤った瞳で
清々しく笑わなくちゃね。

今日も頑張ろう。
スポンサーサイト
コメント

ケメコさ~~~ん♪

ありがとうございます。m(。-_-。)m

お恥ずかしい・・・です

ただ、ただ、σ(^◇^は のーてんきなんですよ!
σ(^◇^から、明るさとったら、へんでしょ?アハハ・・・

でも、たまには、切れますよ~~!!
な~~~んてね・・・へへへ・・・

ケ・セ・ラ・セ・ラ・

人生長い、なんとかなるさ・・・・

紅茶さん、私達仲間にはどうぞ甘えてくださいね。
お辛い時は「つらい‥やるせない‥」って、本音でこぼしていいのですよ。思いっきり泣いていいのですよ。あぁ、飛んで行って、紅茶さんを抱きしめてあげたい。背中を撫でておもいっきり泣かせてあげたい。。そんな思いでいっぱいです。涙には浄化作用があるとおもっています。

もう、お嬢ちゃんの前では泣かないほうがいいって悟ったんですね。
お嬢ちゃんはお母さんに我ままほうだいかもしれないけれど、お母さんが大好きなの。自分のことが元でお母さんが泣くのは、子供心にも悲しいはずですから…
家庭はなるたけ明るく、安心してぐうたらできるような居心地のいい場所にね。

親の会に行ってみようとのこと。ぜひそうなさいませ。
私は不登校の親の会で本当に救われました。ここでは見得も外聞もなく、忌憚なく自分の心のうちを素直に話せました。
私の場合、この会を通して、北澤康吉・美紗子先生と出会えたことも幸いでした。
ADHDの親の会、きっとヒントをもらえると思います。
そばさんから教わった「ADHDのペアレントトレーニング・むずかしい子にやさしい子育て」読みましたが、どんな子の子育てにも共通すると思いました。
生の声は、真実味があって、大きな力になることでしょう。

ところで、昼夜逆転もお風呂に入らないボサボサ頭も、勉強なんて何にもしないでマンガ本やゲーム三昧だったりは、みんながそう。なんにも問題はないそうですよ。
それからうちの場合、時として息子のうっぷん晴らしの標的は家具であったり、私へでしたが、「この子は吐き出しのまっ最中なんだ」と受け止めましたよ。忍、忍、でしたけどね。^^;


usagiさん、お嬢さんの就職とともに、息子さんのことでも悩まれていらしたのですね…息子さん、会社できっと大きなストレスがあったのですね。
先ほどの北澤康吉先生は、こもるということは命の安全反応だと言っておられます。
その著書の中で、「軽症うつ病・笠原 嘉 (ヨミシ)著」を紹介していたので、読んだことがあります。軽そう病にもふれていました。
そして、三寒四温を経ながらも必ず治る病気だと‥そして、あせらないでくださいとも。
usagiさんはもう、そのところを充分わかっておあげし、大きなお気持ちで接していらっしゃるんですね。
義母様のこともあるし、usagiさん、ほんとうによくやっていらっしゃると思います。

ところで「なんとかなるさ、なんとかするさ」は、私の座右の銘です~(^^ゞ
家庭は明るく‥ケセラセラです。
とりとめなく、長くなっちゃったね。^^;

きなこさん

ある人が奥さんに言われた言葉が忘れられません。
「いつも涙でうるんだ瞳でいてください」

嬉しくても悲しくてもそれを瞳に表していること、一生懸命に心を使って生きていること、
それが幸せなことだと
思います。

介護に必死だった頃、感情を殺していたときがあったと思います。それはそれで仕方がなかったからいいのですが、
今はじぃちゃんが逝って、感情のリハビリの時かもしれません。
瞳をうるませて熱い心で生きてゆくために。

usagiさん

ありがとうございます。
子供のことは自分のことよりこたえますよね。
なのに親は無力…というところが
辛いですね。

usagiさんの息子様については何も言えない
私ですが、影で祈る気持ちというか、
直接ではなく「影で」というのが
大事なんじゃないかなと、最近自分で思ってます。


特に母親は…

ADHDの親の会というのに今月は初めて行こうとしています。
娘はそうじゃないのですが、難しい子の子育てのヒントがもらえるかと
思っています。
影で何をしてやれるのか、探って来たいと思っています。


涙を流すって大事ですよね~。
しっかり泣くと心が洗われたような気がするし。こないだ結婚式や葬儀が立て続けに続いて、ものすごく涙腺がもろくなった時期がありました。別れや出会いで涙を流す。
そうやって感情に素直に生きていきたいです。いやーしかし涙の壺って素敵な話ですね~。感動。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちわ!!
ん~~、なにから、書いていいんやら・・・
ごめんね!自分で HPつくってるのに、文章書くのすごく苦手で まとまり悪いです。
σ(^◇^ 紅茶さんの、お気持ち すご~~~く わかります。
今のお気持ち 今のσ(^◇^です。
ここしばらく、HPお休みしてたのも、このことが理由の一つかな・・・・?
娘の入社式の日, 息子が退職し、そのまま また、ひきこもりになってるの!
話聞いてると あの会社 いつまでも、いても向上しないなとは思ってたのですが・・・
いつやめよう いつやめようと悩み始めてから、だんだんと、他人との係わり合いが 苦手になってきて、退社してから、ずーっと、ヒッキーに・・・・
昼夜逆転生活、毎日 だらり・・
彼の 姿みてると、親として すごくつらい!
躁のときと鬱の時あり、躁のときは、すご~~く、やさしくて、あかるくって、いい子で、冗談いっぱいで、σ(^◇^の後ろで、ぺちゃくちゃ おしゃべり楽しむんだけど, 鬱状態の時はカーテンしめきって 真っ暗の中 じーっとベットのなか・・・そんなとき、声かけても、彼から帰ってくるのは 突き放したような 返事!
σ(^◇^が声荒げると maronに手が・・・
いらいらしてるのが、手にとるようにわかり、思わず 涙・・・です

なるべく、そ~~っと、しておくんだけどね!
ヒッキーになって、1ヵ月半 そろそろ、また復帰してくれないかと・・・こちらも 思わず 声はりあげては、後悔・・・
彼も すご~~~く、わかってるんです。
話はお互い よくするから、そんな彼の気持ち σ(^◇^には してくれるんです。
でも、すこしずつ、変わろうとしています
職安にも、顔出すようになってきたし、履歴書書こうと、机の上に だしてるから・・・
笑顔が増えてきてるかな?
気長に 彼の復帰 待ってるの!
(でもね、彼の場合 お金かかるから。。。我が家の経済負担くるしいんですがね!市民税 国民健康保険 車検代・・・彼の貯金ゼロになってるから・・・こちらの経済は、あせってるんだけどね)

なんか、自分のことばかり・・・

紅茶さんに 頑張れとは言いません

でもね、なるようになるよ、いつか、きっと!
けせらせら・・・

こちらの気持ちが大きいときは、子供も 元気になるよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いえいえ

お門違いではありません。
ケメコさんだからわかってもらえると
甘えてしまっていますね。
すみません。

娘は必ず学校へは3時間目からとか、昼からとか遅刻で行って、
そして行けばなんとかやっていってるみたいなのです。
その反動で家では気まま我まま放題に過ごしております。
本当にこんなんでいいのかなと思ってます。
母である私と、弟には犬畜生のような接し方のときが多く、女の子とは思えない態度です。
宿題のみならず、しなくてはいけないこと(風呂、歯磨き、食事などの基本的な生活)がむちゃくちゃです。
時間の約束が守れず、学校に行くのも何時間目からというのに、必ずその時間が来ても寝転がっています。
言葉と実際の行動とが食い違うのが、
本人にもつらいだろうなぁと思うので
少しでもリズムに乗れるようにしてやりたいと思って働きかけると全部ダメ。
ここまで親が無力で、いないほうがマシな存在なの?って情けなくなってしまうんです。
ほんとうに見守ることしかできないのですね。
「親の会」に初めて行ってみる予定になってます。





紅茶さん、こんばんは。
お嬢さん、学校に行かれてないのかな?

『ナマ身の自分は、泣いたりわめいたり、している。憎んだり腹をたてたり、している。そういう自分を鴨居の上から、平静にながめているもう一人の自分の眼がある。』

まだ手元に田辺聖子さんの「いっしょにお茶を」があるものですから、引用させてもらいました。
この本、奥が深くて、繰り返し繰り返し読まれている紅茶さんのお気持ちが、なんとなくわかるような気がします。

読み返したときに、腐臭を放たない文章、
あとあと読む自分も思わず引き入られ、他人の読者をも共感させる文章、

紅茶さん、極めようと努めていらっしゃるのですね。


>ごろごろしている娘の姿が情けなくって、
泣いて泣いて娘にむかったんですよ。

なんだか、わかるなぁ~。
実は当初、いやいや1年ちかくは、私もそうだったもの。
あと、理詰めで説教までも…(^^ゞ
結果は言わずとも知れでした。

うちの場合は、長い時間が解決してくれました。
3年目には、ごろごろしているのも気にならなくなりましたっけ。。
見守るのは、親の修行のようでしたが。^^;

なんか、お門違いのレスかな?差し障りがあったら、消してくださいね。

ケメコさん

田辺聖子さんの
「書くことのいざない」のように
書くとこうなりました。

本当は昨日の朝、ごろごろしている娘の姿が情けなくって、
泣いて泣いて娘にむかったんですよ。

結果はさんざんでした。
感情が先走るとだめですね。

やはり涙は神様の前で存分に流すことにします。
今、書いていてそう思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。