枇杷の収穫

20060625032731.jpg

今年は150個くらいはあったと思う。
木で完熟させているので見た目は悪くてもとても甘いのです。
鳥もよく知っていて完熟になるのを待っているのですよ。
だから収穫は鳥との取り合いです。

こうやって枇杷を採っていると3年前に初めて実ったときのことを思い出します。

ここに引っ越して6年目に入っていました。
賃貸マンションにいたころの鉢植えを地植えにしたのがどんどん成長して、初めて生った枇杷は300個はあったかしら。
木にだいだい色の明かりが灯ったようで、その色に魅せられました。
「私たちもここに根をおろせたかなぁ」と
思ってなんとも嬉しかったのです。

今年は風が強い日が多くて、自然に摘果され
数は少ないけどひとつひとつが大きく甘くなった気がします。

ご近所にはおすそわけしたけど、
皆さんには画像のおすそわけですみません。^^

おれんじの明かりがポッと灯りたるような
             枇杷の実我が家に生れり
(紅茶)
スポンサーサイト
コメント

ケメコさん

山谷えり子さんのメッセージいいでしょう。
第一線の議員さんが見た政治の舞台裏も書かれているし、母として主婦としての日々の思いもつづられていて…

去年、心を打つメッセージに思わずメールを差し上げたことがありましたが、
ご本人からお返事をいただき、感激しました。
リハビリ医療のこともメールしようと思っているのですが、なかなか文章がまとまらなくて…

ケメコさんの涙腺の泉が枯れかかっていたこと、びっくりしました。
普段からよく涙を流しておられる、それも自分のことではなく人様のことで…
そんなイメージがありましたので。
泉の復活、よかった~^^

杏さん

ようこそいらっしゃいました。
木の成長って家族の成長と照らしあわしてしまいますよね。

枇杷は野性みたいなもんですから、
ほっておいても大きく育ってくれました。
実がみのるようになってからは
ちゃんと肥料をやるようにしました。
(ゲンギンですね…)

植木鉢に種を蒔いたのは実家の母ですから何年経っているのかはわかりません。
地植えにするときは50センチくらいの背丈で、それから実がなるまでまる5年。
二階に届くほどの背丈になっています。
参考までに…

美味しい枇杷の実を食べたら、その種を蒔くとやっぱり美味しい実のなる木がそだつそうで、「田中びわ」という品種なんだそう…
母がいってましたが、記憶力がかなり衰えているおばぁちゃんですから、ほんとうかどうかの保障はありません。^^;

本当に初めて枇杷の実がなったときは
夢のようでしたよ。
杏さんちの枇杷の木もすくすく成長しますように!

ゆりかごのうたはケメコさんも書いてくださっていますが、もいちど…

 ゆりかごの上に枇杷の実が揺れるよ 
     ねんねこ ねんねこ  ねんねこよ



枇杷の実、ごちそうさまで~す♪
枇杷を灯りに見立てた歌、いいですね。^^

そうそう、孫をおんぶしたとき、「ゆりかごの歌」も歌っていますよ。
去年、歌詞を教えていただきましたね~。
それまでは1番きり知らなかったんですよ。
2番の歌詞「ゆりかごの上で、枇杷の実が揺れるよ♪……」
この時期のことなんですね。^^

話は変るのですが、山谷えり子さんのメッセージ、過去に遡って何篇か読ませていただきました。
政治のことばかりでなく、ご家庭のことも随分書かれていて、読んでいるうちに、おもわず涙が頬を伝っていました。
実はこのごろ私、泣けなくっていてね、もしかしたら感情が無くなって、涙が干からびちゃってるかも…なんて思っていたのですが、そうじゃなかった~(^^ゞ

よく読ませていただくブログの管理人さんも、いつだったか、S新聞に載った山谷えり子さんのコラムをとりあげていらしてね~~(なんか、うれしかったですよ。^^)
  「乳児は肌を離さずに
   幼児は手を離さずに
   少年は目を離さずに
   青年は心を離さずに」 と 
62歳で亡くなられた父新平さんの文が書いてありました。
心に留めておきたいと思います。

何年後かしら?

紅茶さん、るんるんさんのところでは良くお目にかかっていますが、こちらには初めて書き込ませていただきます。
お庭でできた枇杷って、買った物とは別物ですよね。
とっても羨ましいです。
ウチの庭にも、枇杷があるのですが、これは子供たちが枇杷を食べた後、種を蒔いておいた物が芽を出したものなので、まだ20センチぐらいしかありません。
これが大きくなって、実をつけるのには、あと何年かかるかな?どんな味かしら?その頃、ウチの家族はどんな風になっているのかな?と、楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/