くるっと回ってにゃんこの目

人生時計

メルマガ「親力で決まる子供の将来」の親野智可等さんの本で知った、
人生時計。

人生を80年だとして、一日24時間に置き換えるというもの。

80歳を一日の終わり24時とすると、
40歳は正午。
20歳は朝の6時。
うちの娘は小4だから夜明け前の3時。
小2の息子は2時24分。

一歳年取ると、17分進むんだそうです。

私の歳はわかりやすい。
40歳。つまり正午、一日の折り返し地点になる。
午前中の仕事がすみ、お昼の一休みの時間…ってことか。
たしかに!

朝の9時から12時までに当たる30代は
育児と介護、それに嫁業の真っ只中。
特にここ数年は体に穴をふたつあけて
横たわっていたじぃちゃん(義父)の介護。
在宅中は24時間体制でご飯の味もわからない、
子供の気持ちもわからない日々でした。

この春じぃちゃんは逝き、
ぽっかりと時間が空いて
しばらくは腑抜けのように過ごしました。
娘はここ数年の普通でない生活を取り戻すように
去年の今頃から荒れ始め、母である私を揺さぶり続けています。

今は私にとって一休みの時間。
ゆっくりと午前中の仕事の疲れをとり、
午後に備える時間。
40代も忙しく過ぎるのだろうけれど、
今はしばし休憩といこう。

そして夜明け前の娘は、すさまじく寝相が乱れて布団からはみ出したりしているけれど、
彼女の一日は始まったばかり…
というよりまだ始まってない。
子供というのは
夜明け前の熟睡状態なのです。

布団をかけてやったりして朝の冷え込みで風邪をひかぬように
してやらなきゃね。

そう思うと、荒れて手のつけようがないときも
愛しく思える。

この本、身につまされることばかりでした。
「叱らないしつけ」
おすすめです。





スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ケメコさん、いらっしゃいませ~

すごい、ケメコさん、
予知能力がおありかも??

でも、るんるんさんちで、あのくだんのエピソードを長々と書いた後、
書き込まずにはいられなかった自分の心、
でもあんまり人のお宅で、自分のぐたぐた話に饒舌になるのも気が引けてしまう…心。
この二つの心をなんとかせねばなぁ…と
思ったのも、このブログのきっかけになりました。

申し訳ないですが、ときどき付き合ってくださいまし。

紅茶さん、ブログ開設おめでとうございます。

なんか、予感がしてたのかしら‥
今日、運転しながら、紅茶さんが以前るんるんさんの所で書かれた文章を思い出していました。
「あの話の展開、そしてあの行間、それに続く効果的な1行の文面…紅茶さんうまいなぁ。きっと書くことがお好きなんだろうなぁ。ブログとか、やってみればいいのに~」って。

そしたらホント! 素敵、素敵!

目開けて、ちゃんと運転していましたよ。(^^ゞまるで正夢を見たような嬉しさです。^^

がうらさん、そばさん、ようこそ~

がうらさん、やっぱり、ドキドキしますよね。
そしてやっぱり、何度も自分のブログをのぞいたりしてソワソワ…

でもあんまりね、日常生活がうわの空にならない程度にしなくちゃ…と
思ってます。

そばさん、これって前進かしら。
前進なんですね。
亀のあゆみで恥ずかしいけれど、ちょっと一歩踏み出せたかな。

☆ 祝 ☆

紅茶さん おめでとうございます^^
とうとうのりだしたんですね!
前進 前進 ですよね!私まで、うれしいです♪
楽しみにしてます

おめでとう~

紅茶さん、ブログのオープンおめでとうございます~^^

私も3年前の今頃、ドキドキしながらサイト転送をクリックしたのを覚えています。
しばらくは頭の中はHPのことばかり・・・
母のこと忘れらる、楽しい時間になりました。

早速のお越しをありがとうございます

mikiさん、nonnonさん、
来て下さってありがとうございます。

人生時計を知って、「一日一生」という言葉を思い出しました。
人は自分の一生涯のひながたを、毎日生きているのでしょうか。
そう思うと一瞬、身が引き締まる思いがします。(一瞬だけかいな?)

山登りだとしたらくねくね道ばかりで先が見えないときの方が多いですよね~~

おめでとう♪

紅茶さん、Blog開設おめでとう。
「渡鬼」テーマソングが頭の中でBGM(^u^)

ティータイムにおじゃまする場所がまたひとつ増えて
楽しみです。

人生時計。時々止められたらいいんだけど(苦笑)
紅茶さん、のんびり行こうね(^^♪
私も今、のんびり、ゆらゆら時間の中を漂ってます。

おめでとう!

紅茶さん、プログ立ち上げて一歩踏み出されましたね。
人生時計・・・いいですねえ~

山あり谷あり・・・人生の前半で多くの体験をした紅茶さん、
これから、いよいよ人生の後半・・・
いつの日か山頂に立ったとき、きっとすばらしい風景が待っていますよ。
人生の山は人それぞれ、
自分の生き方で山の風格も決まるんですね。

きっと多くの人に大切な何かを考えさせてくれるプログになることでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/