スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるっと回ってにゃんこの目

ミクシィから来て下さっている方々へ

だいぶ前に「世界に一つだけの花」の替え歌を
載せたのですが、
http://kottonkoutya.blog68.fc2.com/page-6.html
実は私と同じことを考えておられる方が
他にもいらっしゃったんです。
先日ミクシィのコミュニティの中に
”「世界にひとつだけの花」が嫌い”というのを
見つけました。

私はここの管理人さんと同じく、この歌があまりにも
愛唱されていることに危惧を覚えている者の一人です。

ミクシィから来られた方はぜひ覗いてみて下さい。
スポンサーサイト
コメント

フォロンさん、いらっしゃいませ。

私は槇原さんの歌はほかにあまり知りません。

ただ言えるのは「売れてなんぼ」の作詞家の
書いている言葉は、
今時の人々の心に、ここちよい言葉なんだろうなということです。

「言葉を売る」商売ってこわいと思います。
マスコミもそうですが…

ここちよい言葉には要注意だと
思っています。


ミクから来まして、過去ログも読ませていただきました。
「世界にひとつだけの花」をそこまで掘り下げて考えてはいなかったので改めて考えさせられました。
オレはというとコミュにも書き込みましたが槇原敬之の歌の歌詞とか世界観が生理的に嫌い!と言うなんともコミュにはそぐわない理由なんですが、直感的にそういった危機感は自分も感じました。

わ~久しぶりにミクシィから来て下さった方のコメントを頂きました!
八咫烏さん、ありがとうございます。

そうなんです。
この歌は今時の人口に膾炙しているようなのですが、それだけに口惜しく、
反対派も表明しなくては、そのうち
日本人のアイデンティティーにも影響を及ぼすのではないかと思っています。

ですから、せっかくこんなコミュがあるので
同意してくださるかたは、大いにこのコミュに意見を書き込んで欲しいのです。

「ごまめのはぎしり」でも大勢あつまれば
何かが始まらないでしょうか?

八咫烏さん、どうぞ語って下さいませね!

そうですよね!
こんな歌が流行るのは危険です。

社会は結果がすべてなのに、
歪んだ学校教育のおかげでまともな社会人が減っていってます。
お客様に契約を頂けずに帰ってきて、
「一生懸命やったんですが…」って、当たり前だろ!?
どこのセールスマンも一生懸命やってるんだよ。
レストランで不味い料理出されて、
「一生…」とか「個性が…」とか通用しないって。
まず社会に認められていろんな人に援助してもらって、
それからでしょ!?
個性とかっていうのは周りの人が言うこと。
自分で自分の個性はっておかしいでしょ!?

すいません、語ってしまって(汗)。
また来ますのでお許し下さい…

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。