子供

6月、もう大丈夫

私の娘が不登校に陥ったのが、一昨年の6月17日のことでした。
学校の帰り道に一歩も歩けなくなり、歩道橋の上でうずくまってしまってから、家にも入ろうとしなくなったのが…

去年も新学年になって心機一転、行き始めた学校に、
6月まで通い続けることはできませんでした。

そして今年、またこの6月が真夏のような暑さとともに到来していますが
娘は見違えるように、一日も休まずに登校しています。

「もう大丈夫」

そのいきいきした顔つきから、言葉のはしばしから、
感じ取ることができて私も主人もすっかり安心しています。

原因は私だったのです。
私が変わることで娘は変わることができました。

母親というものの存在の大きさに畏れおののくと同時に
母なる自分を尊ばないといけないということを
深く深く思うのです。

「もう大丈夫」

この言葉は、たとい子供たちになにかあっても
「母として私は大丈夫、守ってあげられる」
という意味でもあるのです。

そんな大仰なことではなく、
恥ずかしいことですが、やっと母親としての覚悟ができたところだと
言い換えておきます。

そしてそう言える様になったのは、私を支えたり叱ったりしてくださった方々がおられたからこそなのでした。

母というわざは、一人でできるものではないのですね。
いろいろな方々から支えていただいてこそ。

感謝、感謝の6月です。

思うところあって、私はこのブログをもうしばらくで
終わらせようと思っています。
ネットという「魔法の箱」をいい具合に使うには
私は不器用すぎるんだなと思いました。

客人として心ある方々のお部屋にお邪魔させてもらう
心地よさだけは続けさせてもらうとして…

終わらせる前にちゃんと記録すべきことは残しておきたいと
思っています。
見守ってくださった方々と偶然でも訪れてくださった方々で
同じ悩みを持っておられる方がいれば…
お役に立ちたいと思います。

今日はここまでで…













スポンサーサイト
コメント

夏にお声をかけていただきありがとうございました。
たくさんの方に祈られて今があります。

ここもなかなか更新できずにおりますが、
娘は風邪を引いても学校を一日も休むことなく
頑張っております。

多分ご心配してくださっている方が他にも
いらっしゃるでしょうね。
近々ちゃんと近況報告をせねばなりませんね。

本当に母親としても学ぶことばかりです。

おひさです(●^o^●)

大変ごぶさたしております(^_^;
8月から私の回りの環境が激変しまして、ゆっくりネットを楽しむどころじゃなくなってしまいました(; ;)
そんなわけで、ここに来たのも何ヶ月ぶりでしょう。

なにはともあれ、よかったですね。
にお見かけしたときには、お子さん達が元気にはしゃいでいるので、
「ああ、元気になったんやな」と安心しておりました。
とはいっても、その時は丁度撮影の合間でしたので、
ゆっくりお話しすることもできませんでしたが、
「学校には行ってるんやろうか」ということが気になっていました。

それで、やっと今日ここの記事を読んで胸をなでおろしたところです。
本当によかったですね(●^o^●)

nonnonさん

いつも見守ってくださりありがとうございます。
やるべきことといっても、大層なことではないんですよ。
今まで自分を支えてきてくれたものが何だったか、
もういちどしっかり見直したいと思ってます。
もう一度基本に戻って、なくてはならないものを第一にして
シンプルにいくことが今は大切かなと思って。
そうしたらあとはついてくるように思います。
だからブログはおしまいです。

義父の介護、子育ての教訓を通して、
私は本当に愚鈍な不器用な人間なんだということを
痛感しました。
一番大事な自分と言うものを見失いそうになるんですね。
二度と同じ繰り返しはすまいと思います。

それと娘のことでいろいろと学んだことをしっかりと
整理したいんです。

そこから私も新出発です。
その後、何が生まれてくるかを楽しみにしています。
もう一度、発信できるまでに、私も成長できるかしら。

あの私の書いた童話、気に入って下さって
ありがとうございます。
またいいのが書けたらいいな~

>内なる声が…それに従うことにしました。

紅茶さん、私もそれでいいと思います^^
紅茶さんが生き生きと毎日を過ごすことが、
お嬢さんにも良い影響を与えると思います。

>「母として私は大丈夫、守ってあげられる」

子供を全面的に守れるのは親だけですものね。
すべて親の責任・・・私はそう思って自分を戒めています。
どんなことも受け入れようと・・・

それなのに、いつまでたっても半人前(^^ゞ
でも、それでいいのよね。完璧な人なんていないんだもの。
完璧な親だったら、子供も窒息しちゃうよね。

紅茶さん、また素敵なお話を書いたらどうでしょう。
あのお話、大好きだよ(^_-)-☆

杏さん、そばさん、ケメコさん

今日、ちょっと時間がありましたので
過去の記事やコメントを読み返していました。

本当にいろいろな方が訪れてくださっています。
ちょっと感傷的になってしまいました…

書くことは好きなんですが、時間がかかるのです…
恥ずかしながら…
いっぱい伝えたいことがあるんですが、
やはり時間がかかるのです…

今私がするべきことは、他にあるじゃないかと
内なる声が…それに従うことにしました。
ここを閉じることはせず、開いたままにしておきます。

皆さんのお部屋にはこれからもお邪魔させてもらいます。
よろしくお願いします。

終わらせるにもボチボチで、
娘とのことを記録してからですから、
しばらく時間がかかりそうですね。

まったくマイペースなわたくしでございます。
しばらくのお付き合いを…


紅茶さん、「もう大丈夫」の言葉、とっても嬉しくお聞きしました。
お辛い経験をなさったけれど、お嬢さんも紅茶さんも、ひとまわりもふたまわりも大きくなりましたね。

私もね、息子の不登校は、後になってみればいい経験をさせてもらったと、感謝しているんですよ。

紅茶さんのブログ終了は寂しくもありますが、書くことがお好きな紅茶さんですから、何かの形で文章を残していかれることでしょう。

紅茶さん、時々は紅茶さんやご家族のご様子をおしらせくださいね。
そして、ケメ太の成長も見守ってくださいね。^^(あはっ、ババ馬鹿(^^ゞ)
と言いながら私めも、PCに向かう時間がとりにくく、ケメ太の近況も書けずにいますが。^^;

紅茶さん 
「もう大丈夫」
この言葉がきけて よかった ・・・・
子供がいたからこそ 気が付くことが たくさんありますよね

自分を成長させてくれる ありがたい 宝物ですよね ^^

私も子供と一緒に成長したいものです・・
紅茶さん 時々は 遊びにきてね^^

2年間

出口がどこにあるか分からないトンネルをやっと抜けられて良かったですね。
長かったでしょう?
ウチのムスメも、不登校の10歩ぐらい手前にいましたが、今は時々行きたくないような気になるみたいですが、気の合う友達ができたようで、愚痴をこぼしながらも普通に登校しています。

普通が良いんですよね。
お嬢さん。
普通の学校生活が続けられることをお祈りしています。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/