くるっと回ってにゃんこの目

替え歌「世界にひとつだけの花」

♪世界にひとつだけの花~
という歌。
とてもいい歌で何年も歌い継がれる様になるんだろうなぁと
思う。

小学校でも歌うようで、
子供がよく口ずさんでる。
またどこかで流れていると私も思わず口ずさんでる。

槇原さん、うまいよね~。

うまいんだけど、ごめんなさいね、
私にはどうしても歌えない部分があるんです。

あの原曲の「その花を咲かせるためだ~けに

ちゅうのが、めっちゃ嫌いやねん!!

失礼しました。

自分の花を咲かせる、大いに結構。
でもそれだけのために…というのはさむ~い。

ヘレンケラーにサリバン先生がいたように、
イチロー選手にお父さんがいたように、
近くにいる者の花を咲かせるためにも一生懸命になったらどう?
って思いませんか。

それから、もひとつ言わせてもらえば
一生懸命なればいいっ
と言い切られてもねぇ…ゞ(´`;)
自分が一生懸命になれば花が咲くの?

お日様が照ってくれないと、
雨が降ってくれないと、
花どころか、
生命そのものが枯れちゃうよ~
        (この文章まちゃまちゃみたいになってきたぞ~)

とにかく、
この歌詞がなが~く歌い継がれることに
空恐ろしさを感じているのは
私だけでしょうか。
        (だいたひかるもはいってきた)

この曲を今後どこかで聞かれることがあったら、
このおばさんのボヤキを思い出して欲しい。
そしてこの替え歌の方も歌ってみてくれたら
とっても嬉しいです。

♪世界にひとつだけのは~な~

♪一人ひとり違う種を~もつ

♪その花を咲かせ~る~ため~に~

♪おひさまが~照る、雨も~降~る~



どうかなぁ…歌ってくれた人、ありがと~~
もっといい歌詞を思いついた方は
教えて下さい。

お日様ばかりじゃない、
雨が降る日も、冬の寒さも
きっとあなたを生かしてくれている。

精一杯生きている方々に
心からのエールを送ります。


スポンサーサイト
コメント

ふ~む

さわさん、私は歌詞をじっくり聞くタイプですので、
さだまさしとか大好きなんです。
最近はあまり言葉を吟味しないで作られてるうたが多く、
また、うたっているひとも、歌詞が聞き取れないような歌い方を
されますよね。

そんなうたはパスしてしまいます。 

歌詞のわからない洋楽も苦手です。
古い奴だとお思いでしょうね…(笑)

ラップも苦手ですが、メロディが単調なぶん、歌詞に重点を
おいているようないないような不思議な語呂合わせが入ってたりして
それはそれで面白いなと思っています。
ただ、あのタラタラしたパフォーマンスがやっぱり嫌い。

唱歌のような美しい日本語、美しいメロディが
少なくなり、悲しい限りです。
「世界でひとつ…」のうたは、そこだけが激しく引っかかりますが、
全体としてはいい歌だけに、なんとかならないもんかなと
思います。

そばさん、
うけました?
子供たちがこのさびの部分を歌っているのを聞くのが
ちょっと耐えられない私は
おかしいのかな~??

あんまり悩まないよにしまっす。^^;

ケメコさん、
やっぱり歌えないですよね。
なんでしょう、人間の土台みたいなもんを無視してるような歌。
お義母さまといっしょにその場におられたんですね。
う~と唸ってしまいます。
生老病死をあなどってはいけないと思います。
ケメコさん、よくぞ、言いはりました!
同じこと思っておられた方が沢山おられたと思います。

私、どうしてもこの歌だけはずっと言い続けようと思ってるんです。
妙にこだわってます。^^;

好きやねん、つっこみ。^^

まずはこのデカ文字にあはは~、
そして、そのするどい突っ込みにあはは~
それから、紅茶さんの替え歌にあはは~ なーるほど!でした。^^

どうしても歌えないこだわりってありますよ。
おばあちゃんが行っているデイに、以前「ボケない歌」って替え歌があったんですよ。
「~~したらボケません」っていうのばっかりでね、
それをすでにボケちゃってる人たちが歌わされてる光景が私は嫌で、哀しくて…
だって、認知症って、原因は廃用症候群ばっかりではないでしょ。
そこには頭のしっかりした人も来ているわけで…
認知症への偏見にも思えて、嫌だったんですよ。
で、ついに、思いを事業者と介護者の懇談会)のときに言ったんですよ。
(介護保険が始まる前は懇談会がありましたので)
そしたら、「すみません。そういったこと気がつきませんでした。」って‥

当時の私、怖い物知らず^^;
実はこの歌の歌詞を書いた紙を、「こんな良い歌があるのよ~」って、
宅老所に手伝いに行っていたとき、他のボランティアさんが持ってきてくれたのですが、
後が恐ろしくて、さすがに口にできませんでした。
皆さんが歌っているのを見守るのが、精一杯のところでした~。(^^ゞ

♪ 爆笑 ♪
あははは^^ そういう受け取り方もあるんですね~~~(笑)

また来ちゃいました^^

いえいえ、紅茶さん、
たぶん私の方が ボ~ッとしているんだと思います。

大好きなアーティストがいて、
「歌詞もいいよね~」ってよく言ってもらうのだけど・・・
しつこく聞いている割には、
ほとんどサビの部分しか覚えてなくて^^;
歌よりもむしろ、その人の生き方や歌(仕事)に対する情熱に惚れています。

そういえば、子供の頃から、国語の読み取りの問題、さっぱりでした。
これからも的を得ないカキコミをするかもしれませんが、
どうぞよろしくですm(__)m

私だけなのかしら

さわさん、考えたことなかったですか?
私ね、おんなじことを感じてる人が
たくさんいるんじゃないかなって
思ってるんだけど…

こんな、「人生こうろう」さんみたいなこと(古い!)
いうのは私くらいなもんかなぁ。

じぃちゃんの介護のことで精一杯になっていた頃、
この歌のこの部分が何度聴いても、引っかかっていました。

やっぱり「だけ」というところがねぇ…ぶつぶつ…
(しつこい)

あははっ(^^♪

そーだ、そーだ、そのとおりだ~

のんきな私は今まで歌詞の意味考えたことなくて・・・
大笑いしてしまいました。

紅茶さん、だーい好き!

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/