スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供

再登校から始めての欠席

娘が不登校を克服して学校に行きだして
一年と三ヶ月が経とうとしている。

5年生の時は休むことを恐れるかのように
熱があっても学校に行った娘。

今回は風邪を引いて自分で休むことにした。

自分で決めて休んだことに
ほっとするやら、なんやらで
母の心は複雑なんです。

自分で自分の体調を管理できるようになって
休むことへのアレルギーがなくなったんだという
安心感
でも反面このままずるずると休んでしまわないかという
不安

咳がひどくて体力的にしんどく
二日間休んで、それなりに元気になり、
金曜の朝…行くといっていたのに布団をかぶって起きてこない。
家事ををしながらひたすら待った。

10時過ぎごそごそ音がして
「お母さんもうそろそろ行くわ」
と二階から降りてきた。
「あ、そう。よかった。」
にこっと笑う私。
本当はいろいろとしゃべりたいのだが
ぐっと我慢。

そう、こんな時、余計なおしゃべりは禁物なのです。

しゃべらないでいることの辛さ。
我慢して待つことのしんどさ。

私は自分の用事で出かけたかったので
その事だけを言った。

でも朝ごはんにゆっくり時間をかけている娘。
ぽけ~と止まってしまっている娘。

ついに言っちゃった。
「ちょっといつまでかかってんの。
お母さん出かけられへんやんか。」

へへへ。
禁句言っちゃった。

でも大丈夫でした。はっと我に返った娘はさっさと支度して
私の車に乗り込みました。

車の中でまた禁句を言ってしまった私。
「しんどくなったら電話してきいや。迎えにくるから」

あ~また言っちゃったと思っていると、
「いけるよ!大丈夫や!」

娘がものすごくしっかりとした声で言ったので
ずっしりとした確信が私の中に湧いてきました。

…咳の風邪は長引きます。
がんばれ娘よ!

みなさんも風邪にご用心!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。