介護

すごいヘルパーさん

昨日の日曜日、家族全員、用事があり
おばあちゃんのお昼のケアが誰も出来ない…

…かつては自分の用事をあきらめていた私だけど
ここは思い切ってヘルパーさんをお呼びすることにしました。

お昼のケアに1時間。

来てくださったのは二回目のDさんです。

この方は前にいつものヘルパーさんがお休みをとられたときに
助っ人でこられた方で、おばあちゃんをお風呂に入れてくださったことがあります。

「超ベテランのかたやから安心してね」
と紹介された通り、おばあちゃんは一度でこの方のプロ振りに感心。

上手におふろに入れてくださり、残り湯でのお掃除も丁寧で
私が風呂場に入ったとたんに、
ピカピカすっきりのオーラが出ていたほどです。

こんな人おばあちゃん大好きなんです。

…でもって昨日は食事のために来てくださり…

「紅茶さん、あの人はほんとうに慣れてるわよ。
ぱっと冷蔵庫を開けるとひと目で、
だいたいどんなものが入っているかをチェックするの。
種をぬいた梅干があることも、
果物があることも、麺類があることも、鍋におでんがあることも、
ほぐしてくれている魚があることも、
本当に一瞬にチェックして、とにかく怖いぐらいだったわ。」

そう。
おばあちゃんちは義姉からと私からと二件からおかずがやってくるので
炒め物、煮物、麺類、和え物、漬物、焼き物…
いたれりつくせりなんです。

「これだけ用意してもらってるのねって感心してくれたわ」

おばあちゃんもまんざらでない様子。

他人に台所をみられることに抵抗があったおばあちゃんも
これなら安心みたい。
おまけに流し台がピカピカに磨き上げられていました。

可愛い籠型のバッグをもってお洒落で軽快な服装でこられる
ヘルパーのDさん、
還暦前だとかいうけれど、とても若々しくて可愛らしい。

こんな方がおられるんですね。
脱帽です。
スポンサーサイト
コメント

そばさん

「人柄を売る商売」なんですね。。。。。
そう言われるとなんだかこわいな~

でもね、毎週来てくださっているヘルパーさんも
ちょっとおおざっぱなんだけど、気の置けない方で
体格が良くって気さくで、
おばあちゃんは安心しきってお風呂にいれてもらってますよ。

「とにかく怖いくらいだったわ」
という微妙な表現と
「あの人は気が置けない人だからね」
という表現と…
どっちがいいヘルパーさんだと思うかは
人それぞれですもんね。

どんな人でもけなすことをせずに
いいところをみて接そうとする
おばあちゃんが一番すごいのかも…
だから私もやってこれたのだと思います。

メロディさん

私もメアリーポピンズを連想していました。
服装もそんな感じだったんです。

「不思議なカギばあさん」
知らないです。絵本ですか?
読んでみたいな。今度図書館に行ったら
探してみますね。

そうそう、書き忘れていたことですが…。

私が自分でつけていた小さなメモ帳が
おばあちゃんの寝室のテーブルのすみに
置いてあるんですが、
それをすかさず見つけて
血圧と食事内容を書き込んでくれてありました。

そんなメモをつけていることなど、
お伝えしてなかったのにね。

ほんと、不思議なヘルパーさんでした。

NoTitle

す・・すごいですね^^;
いやぁ・・うちの事務所にも ほんとにすごい人がいるんです。
私は、足元にもおよびませーん^^
すごいのに かわいらしさ も兼ね備えているんですよねぇ
人間として魅力があるっていうか・・
ヘルパーの仕事って 人柄を売る仕事だから
ってよく所長に言われます。
まず 人柄を磨かないと って あーーー無理 笑

NoTitle

こんばんは^^
読んでいて、何だか「不思議なカギばあさん」の本を思い出しました。
ご存じですか?カギばあさん。
私の大好きな本でした。
カギっ子の男の子の家で、おばあさんがポークソテー等を
魔法のように作ってくれたりするお話しで、色々なシリーズがあります。
そうしたら今度は、メリーポピンズを思い出しました。
きっと素敵な方なのでしょうね^^

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/