スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護

同居決定

先週、大工さんが来られて
増築の相談をしました。

居間から少しせりだして板の間を作ります。
おばあちゃんのベッドと引き出し
テレビ、ポータブルトイレ…
勝手口もつけて車椅子が通れる巾にします。

今年中に同居になりそうです。



さて私はと言えば
決まってしまえばサッパリと前に向かって進むのみ。


一方、おばあちゃん、
本心は自分の家に居たいのです。
私たち家族に自分のうちに引っ越して来て欲しいのです。
そりゃそうでしょうとも。。。。
昨日も
「ここの二階にエアコンつけるからね。子ども部屋になるでしょう」
などど最後のあがきをしていたのです。



そして今日は一週間ぶりに便が出ました。
トイレでスッキリといきたいところだったんだけど、
ベッドに戻ってきてから咳をした途端に
「あああ、また今出てしまったわ。」
おばあちゃん、ショックの様子。

トイレで長く座っていたから体力的に限界だったので
寝転んだままお尻をキレイにしてあげました。
おじいちゃんの時でもう慣れっこになっていた私は
淡々とできたんだけれど、
おばあちゃんは
「おじいちゃんみたいになってしもた。こんなん初めてや。」
といいながら何度も詫びます。

「ううん。私がいるときで良かったよ」
不思議と何の感情もなく淡々とできた私に
自分でびっくり。

こんなときに妙に明るく笑ってみたり
一生懸命になぐさめてみたり
わざとらしい事はしたくないのです。

やっぱりショックだったろうし、それは受け止めてあげて
それ以上の言葉は言いませんでした。

おばあちゃん、すんなり身柄を引き渡してくれそうです。。。。^^;

そして私は意外と穏やかな自分の心に自分で驚いています。
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そばさん

初めての下の失敗は
本当にショックだったろうな~と
思うんです。

2,3日経っても言っていました。
「おばあちゃん、ショックやったよね。
でもええんよ~、あまり気にし過ぎないでね。」
そんな感じで受け流していました。

今日で、便なし一週間。
今日当たり、ちょっと粉薬を増やしたいんだけど
「また失敗するから」といって
飲まないかも…

そっちのほうが困るんだけどな~~~
女の人のほうがそこのところ、微妙です。

ケメコさん

時代の流れ、いい方に流れているのかしら…
わかりません。。。
家族介護と施設介護のバランス感覚だと
思っていますが、
それが人によって違うからね…

自分自身の老後のことって
私も考えます。。
ケメコさんは、今、充分にお孫さんの面倒をみておられるから、
息子さんたちも感謝して、
きっとね順番こだと思っておられると思うんだけど…
^^

メロディさん

メッセージありがとうございます。
前の介護の時は親族とのゴタゴタで
心がずたずたになってしまいました。

私だけが我慢すればいいんだと思うのは
ある意味自身過剰で傲慢な姿だった、
「偉いお母さん」になっていたと
思うんです。
娘にも叱り飛ばすことが多くて…

同じ轍を踏まないようにしようと思っています。
見守っていてくださいね。

NoTitle

紅茶さん 

いろんな経験が 紅茶さんを成長させているんですよね^^
私もねー 時々 思うんですよ
自分がそんな風になった時、
やっぱり なさけなかったり 悲しかったりすると思うから・・ さばさばしている方がいいんでしょうね♪

時代の流れ

紅茶さん、いよいよ本格的に動き出したのですね。

>今時同居してまで介護する人は
>減ってきているのですね。

介護保険が浸透し、人の意識も含め、確かに時代が変わったのを感じます。

私は、行かれるところまで在宅でと思っているのですが。
(うちの家計を考えると、入所は厳しいですし。)
そして、自分達の老後まで考える年になってきました。
病んでから同居してもらうのは心苦しい…
数年後に、二世帯住宅に改修しようかなどと。

NoTitle

 ↓
あっ!紅茶って呼び捨てしちゃいました。
最近、文字打ちミスが多い私です。
ゴメンナサイ。

NoTitle

ご同居、決められたんですね。
介護のことは私には経験がないのでよくわかりませんが、
本当に大変なことと思います。
出来るだけ、あまりムリなさらずに、
紅茶のお身体も大事にして下さいね。

杏さん

いつもありがとうございます。

今は皆さん、大変だろうなと言ってくださいますが、
おじいちゃんのとき(7~8年前)
家で看るのは当たり前で
「大変でしょう」と言われる方は
ほとんどおられませんでした。

私の気のせいでしょうか。

今日、出入りの介護用品屋さんに
車椅子の相談をしてきたのですが
今時同居してまで介護する人は
減ってきているのですね。

あれだけ施設が増えているのですものね。
私は時代遅れなのかな。。。。

でもねショートの利用などはしていこうと
思っていますよ。

そして医療の範疇に入ることは
家ではしない。
そのときは入院してもらおうと思っています。

おじいちゃんのとき、それで疲労困憊しましたから。

そこのところを親族に理解してもらってのことです。

大変だろうなあ。

お家、増築しての同居、介護の始まりですね。

紅茶さんの心と体を大事になさってくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。