介護

スキーは最高!ショートステイも最高?

おばあちゃんの協力で
初めてのショートステイが実現しました!!
やった~!
3度目の正直です。

初めてのショート計画

二度目のショート計画
↑これは結局、雪不足でスキーがお流れに…そしてショートもお流れ。


私たちはやっと念願のスキーへ…

兵庫の鉢伏山は、ハチ高原とハチ北高原が頂上でつながっているスキー場で
最高でした~~!

4年ぶりにスキー板をはいたのですが、自分が歳をとっている事がわかってしまいましたわ。。。。
そして子供たちが逞しくなったということ。

中級コースをすごいスピードでいくいく子供たちよ!

「止まらんかったら、こけたらええねん!」

「(前をすべってる)お母さんにぶつかりそうやったから、こけて止まったげたんや!」

(転んでなかなか立ち上がれない私を、待ってくれて)
「もう~お母さん、おばさん丸出しやな~。お父さんたちには先に行ってもらったで。」




…あっそう。。。。

子供たちが、
林間コースで林に突っ込みはしないかとか、
派手に転んで骨折したりしないかとか、
雪にまみれて風邪ひいたりしないかとか、

とかとか、心配していた私が馬鹿でした。

よくよくわかりました。


スキーが得意な主人すら、子供につき合わされるのがしんどかったらしく、
しまいには派手に転んで負傷。

夕食のあとやっぱりお医者さんに行った方がいいということになり、
山の下の救急病院まで、私の運転で行って…
9時ごろ宿に帰ってくると
お風呂をすませて4人分の布団を敷いて、子供たちが寝入ってました。

まったく
「親はいないほうがいいのかも」


そして昨日、夕方ショートにいたおばあちゃんを連れて帰ると
「食事はこんなんで…
トイレにもすぐ連れて行ってくれて…
みな、食事をよくたいらげていたのにはびっくりで…
厨房が1階にあるらしくて…
向かいで食べていたおばあちゃんは偏屈らしくてね、、、、
……」
しゃべるしゃべる、おばあちゃん。

みな親切で、男の職員さんがたくさんいたことに驚いていました。
(昔の人なので、男の人がお世話をするということが信じられないみたいです)

「嫁はいなくても大丈夫だったみたい」



義姉もショートのことを言ったときは、
「嫌がっているんだから私が看る」
と前と同じ反応だったのですが、次の日はにこにこしてその話題には触れずに
当日までいてくれました。

妥協したんだと思います。

次は主人が定期利用までこぎつけてくれることを、願っています。
スポンサーサイト
コメント

ケメコさん

主人は運動神経のわりには
シュッツと格好よく滑るんですよ。

林間コースの途中、ものすごいスピードで滑ってたら、
何かにひっかかったらしく(いまだにそれがなにかわからないらしい)
派手に転び、目と目の間、「皮膚欠損」と言われました。
小さな傷ですがメガネとゴーグルを重ねてつけていたので、多分顔面打撲のときにゴーグルにおされてメガネが食い込んだんじゃないかと…

こわ~~いでしょ。
目が無事だったのが幸いでした。

湿潤療法で傷の残らぬように治療中です。

「教員仲間には内緒でスキーにきてたのに、この顔じゃばれてしまうな~しゃーない、おみやげ買っとこう」

「生徒には格好悪いから、夫婦喧嘩の傷ということにしてごまかしておこう」

あら、そうですか。。。^^;

ケメコさんご心配無用です。。。^^

そばさん

やっとかないました。
そばパパは帰ってこられましたか?
そば家は家族では行かないのかしら…

近くだったら是非パパに教えてもらって
パラレルをマスターしたいのだけど…^^

がうらさん

そう、これからも
どんどん先を行く子供について行くことにします。。。

そしておばあちゃんも、
「世間が広がってよかったですね~」
なんて訪問看護さんに言われています。

でもお年寄り同士の交流って意外とないんですね。
主に職員とだけ話していたようです。。。。

NoTitle

紅茶さん、お子さん達に最高のプレゼントができましたね。
お母様もショートを無事クリアされたみたいで、良かったです。

ところで、ご主人さまのお怪我は大丈夫ですか?

NoTitle

わ^^
スキー旅行♪
家族の思い出になりましたねー
念願かなってよかった!!

やったね^^

三度目の正直^^
良いショートのスタートが切れましたね。

お義母様も新しい体験が出来てよかったのかも。
こちらから見ていると?お義母様も生き生きしているように見えるんですが、どうでしょう。
ぜひぜひ、定期利用に繋がりますように。

紅茶さん、心配していたら、心配されちゃったんですね~
これからも、子供さんはどんどん先を滑っていきますよ^^

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/