子供

毎日ホネタ君、その後…

「毎日骨太(ほねぶと)」という牛乳を
知ってか知らずか、「まいにちほねた」と呼んで
愛飲している息子の話。。。。。

実は息子は生まれつき膝の「膝ボン」あるいは
通称「おさら」という骨が、ないのです。

幼稚園のころ正座や三角すわりを異常に痛がるので
大きな病院で見てもらってわかったことでした。
そのせいかX脚気味で、その角度がひどくなっていくようなら
先生から
「骨きりやな~」
などという恐ろしいことを言われていました。

夏休みになると大阪の大病院で一年に一回の検査を受けてきた息子。
サッカーをしてもいいのかどうか、続けていてもいいのかどうか…
夏が来るたびに祈る思いでレントゲン室に送り出していた私。

「サッカーやってみい~」
「このまま続けてみい~」
「もう来年から来なくてもええわ~」

有名な先生のお墨付きをいただいたのが小学校2年のとき。
「やった~!!」
と二人でガッツポーズ…したことが昨日のよう。。。

それ以来、全く膝のことは気にせずに来ていたのだけれど、、、

この冬になって教室でふざけていて膝を強打することがあって
その痛みが日に日に強くなっていってると
本人から訴えがあったのが、もう2週間も経ってからのことで
それまでサッカーをしたいがために私に黙っていたのです。

「ったく~~~!!」

その日のうちに近所の外科に走りました。

レントゲンを撮っていただくと、なんとそこに「膝ボン」が映っているではありませんか。
ほんの小さな小さな「膝ボン」ではありましたが…

毎日骨太君のおかげ?
そのレントゲンの小さな丸い骨が、骨太君の顔に見えたりして。。。。^^
不思議なこともあるもんです。

痛みは日にち薬で、体育も休み大好きなサッカーも休み…
さらに2週間。
やっと今週復帰できるところまでになりました。

久しぶりの練習から帰ってきた息子の顔がきらきらと光っていて、
本当にサッカーが好きなんだ~とわかりました。
スポンサーサイト
コメント

そばさん、ケメコさん

お返事遅れました~
息子の膝は遺伝なんですよ。
私の家系にあるんです。いとこの男の子もそうなんですが、特に何事もなく大人になっているので心配はしていませんでした。

本当に好きなことがあるってことはいいことですよね。
でも、長い間サッカーから遠ざかっていたとき
息子も考えたみたい。
「おれ、塾行ってみようかな。
習字教室がいいかな~。
ひまでしゃーないもん」
だって!^^

ほ~

生まれつき、膝のおさらがないなんていうこともあるのですね。

それで成長に伴い、その骨ができてきたって、すごいことですね。
毎日ホネタ君の成果かな。^^

大好きなサッカーができるようになって、良かったね。
キラキラした息子さんを想像してたら、私も嬉しくなっちゃった。
ありがとう。

NoTitle

よかった! ^^
大好きな事をやっていると
キラキラですよねっーーーー
子供の輝きを見れるのって
親として ほんと 幸せなことですよねっ

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅茶

Author:紅茶
子どもの自立、自律を目指し苦戦中(高2娘、中3息子あり)
介護は昨年7月に終わりを迎えました
読み聞かせのボランティア継続中
時には歌手
キリスト者
「紅茶さん」と呼ばれる。(^^)/